好意で男性が気持ち悪い時とは?

スポンサーリンク

ここでは、「好意で男性が気持ち悪い時」
についてお話します。

 

人は、他人に好意を持たれると
大抵の場合、嬉しいと感じます。

 

好意を持たれるという事は、
自分を認められたと感じるもの。

 

誰かに自分の存在を認められる
という事は、嬉しい事ですよね。

 

しかし、時にその好意が気持ち悪い
と感じてしまう事があります。

 

特に、異性からの好意に気持ち悪さを
感じてしまう事が良くあります。

 

どうして、好意が気持ち悪い
と感じてしまうのでしょうか。

 

そこで今回は、男性からの好意が
気持ち悪いと感じてしまう
理由を紹介します。

 

原因
1.育った環境

 

育った環境によって、
男性からの好意が気持ち悪い
と感じてしまう事があります。

 

例えば、

 

・父親と仲が悪かった

 

・父親がで怖かった

 

・兄弟がいなく、男性を身近に感じなかった

 

・学校で男子に嫌がらせされていた

 

などの理由が挙げられます。

 

子供の頃や思春期に、男性との
関係がうまく築けなかったために、

 

男性を良い存在と捉えられなく
なってしまったのです。

 

原因
2.タイプでない人に好かれた

 

男性も女性も、それぞれに
異性の好みのタイプがあるものです。

 

誰でも、受け付けられない、
好きになれないタイプの
異性がいるものです。

 

そんなタイプでない男性に
好かれた経験がある場合、

 

それがトラウマとなって
しまう事があるのです。

 

クラスの気持ち悪い男子に好かれている
と知ったら、気持ち悪いと感じますよね。

 

また、自分の理想を
壊されているように
感じる人もいるのです。

スポンサーリンク

そのため、このような経験をした人は、
男性の好意を気持ち悪いと
感じるようになってしまうのです。

 

特に、好意を寄せてくる男性のタイプが
いつも同じ場合は、だんだん拒否する
気持ちが強くなっていきます。

 

そして、タイプでない男性に
好意を持たれるという事は、

 

自分を性的対象としているので、
気持ち悪いと感じるのです。

 

原因
3.自分を好きでない

 

人は、小さい頃に可愛がられたり、
褒めたりしてもらった事で
自分肯定して生きられるようになります。

 

しかし、小さい頃に愛情を
十分に注いでもらえなかった場合は、

 

自分を否定的に捉えるように
なってしまう事が多いです。

 

学校など社会の中で認められない、
自信を喪失させられた経験をすると、

 

自分を好きになれなく
なってしまう事があります。

 

このように、自分を自分で好きでない場合、
他人にいくら好きと言われても、
気持ちが悪いと感じてしまうのです。

 

自分を愛せない人は、
他人を愛する事ができないのです。

 

このように、男性の好意を気持ち悪いと
感じてしまうのには、
様々な理由が考えられるのです。

 

どれも共通するのが、自己否定感と
異性として意識される事への
無意識の拒否です。

 

もし自分に当てはまるという場合は、
無理して男性と接する必要はありません。

 

まずは、自分の好きな事を楽しんで、
自分を好きになりましょう。

 

自分の事を好きになれた時、
ふと心奪われる素敵な男性が
現れるかもしれませんよ!

スポンサーリンク

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加