片思いの好意の伝え方や方法とはやっぱり告白が一番手っ取り早い!

スポンサーリンク

ここでは、「片思いの好意の伝え方や方法」についてお話します。

 

恋愛において片思いは、楽しくもあり辛くもある期間です。
特に思いが募って相手に自分の好意をつたえたい!と感じるようになると、
どのようにして伝えたらいいのか非常に頭をなやませるようになりますよね。

 

では、片思いの相手に自分の気持ちを伝えるには、
どんな方法があるのでしょうか?

 

一番の方法はやっぱり告白!

 

一番誤解なく直球で伝えるには、やはり告白するのがベストです。
その場合遠回しな言い方ではなく、ストレートに好きだと伝えましょう。
踏ん切りがつかなくてくどくどと話をしていると、
初めはしっかり聞いてくれていた相手もうんざりとしてしまうものです。

 

言葉でちゃんと伝えようと思うのであれば、
腹をくくって直球勝負で話をしてくださいね。

 

同じ方向をむこうとする姿勢をみせましょう!

 

このように告白で思いを伝えることができればベストですが、
なかなか踏み切れないものですよね。

 

そんな時は、片思いをしている相手の言動をもとにして、
行動してみるのも一つの手です。

 

例えば、映画が好きな相手の場合、
どんな内容が好きなのかを会話の中からリサーチしたうえで
相手の好きそうな映画の話題を出してみましょう。

スポンサーリンク

その時大事なのが、偶然一緒のものが好きだった、という方向ではなく、
「あなたが好きだって言っていたから気になって」と、
好きな相手の影響であることをアピールすることです。

 

相手の好みに合わせるというのは、
相手にとって好意を示されていると感じる要因になります。
特に相手が男性の場合、相手に合わせることで男性が本質的に持っている
「支配欲」を満たしてあげることができます。

 

彼の支配欲を満たしてあげることで、
彼は貴女をむいている方向が同じ・価値観が同じ人なんだ、
と認識するようになります。

 

そして、自分の示す方向を一緒に向いてくれるということは、
自分のことがすきなのでは?と徐々に意識するようになるわけです。
なにも相手の示すものについて詳しくなる必要はないんですよ。

 

「あなたが好きなものだから、自分も興味をもつんだ」
ということを伝えられればOKなのです。

 

どんな方法をとるにしても、忘れてはいけないのは笑顔です。
緊張でガチガチすぎるまま行動するより、
まず一呼吸おいて笑顔を作ってみましょう。
場の空気が和み、気持ちが伝わりやすくなりますよ。

スポンサーリンク

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加