既婚男性の好意で職場の場合とは?

スポンサーリンク

ここでは、「既婚男性の好意で職場の場合」についてお話します。

 

既婚男性の好意の態度

 

既婚男性がパートナー以外の女性に
好意を抱いてしまうことはあります。

 

そう簡単に恋愛をしてはいけない自覚もあります。
自覚はありながらも、気持ちは態度に表れてしまうのです。

 

趣味や出身地が同じであったり好きな食べ物や
お酒などの共通点で親近感を持っていた女性に
ふとしきっかけで好意を抱いてしまうことは十分にありえます。

 

純粋に好意を持っている女性ともっと話がしたい、
近づきたいという気持ちが働いてきます。

 

その他にも2人だけで食事に誘って
女性との距離を縮めたい、

 

軽度のボディタッチをして好意があることを伝える、
などもあるかもしれません。

 

そんな好意の態度を取られ、
自分にも少なからず好意がある場合は
貴女は自分の気持ちにブレーキをかけてください。

 

既婚男性にはパートナーがいます。

 

既婚男性は恋愛をしてはいけないのです。
異性としての好意ではなく、兄弟や従兄弟になどに対する
好意と同じ種類の好意に変えて行くべきです。

 

失うものの大きさを想像してください。

 

職場での既婚男性の誘いを断る方法

 

男性から興味を持ってもらうのは嬉しいことですが、
既婚男性からの好意や誘いは困ってしまいます。

スポンサーリンク

職場の既婚男性からの誘いは、
今後も会社で一緒に働くことを考えると、

 

きつい言い方で断るのではなく、
角が立たない言い方で上手に断るべきです。

 

2人だけでの食事の誘いはお断りし、
大勢での食事会を提案しましょう。

 

既婚男性にとって同じ職場の女性には近づき易いのも事実です。
毎日顔を合わせ、仕事上の話だとしても会話もできるのです。

 

会社では普通に接し、プライベートな話は避ける。
しつこい誘いには上手に断りましょう。

 

断る理由を家族にするのも上手に断る方法ですね。
例えば

 

「門限があって父親に怒られます」

 

といった断り方です。

 

若い女性であれば、厳しい父親の元で
育ったことを伝えることができます。

 

男性は『父親』という名前を出されると一瞬戸惑います。

 

ある程度の年齢になった女性であれば、
『門限』や『父親』などが誘い断る原因にされたのなら、
本気で嫌がられていることが伝わります。

 

職場に限らず、既婚男性の好意や誘いを上手に断れる女性になりましょう。

スポンサーリンク

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加