既婚男性の好意のメールの内容とは宛名が男の名前になっている!

スポンサーリンク

ここでは、「既婚男性の好意のメールの内容」についてお話します。

 

貴女がもし、既婚男性を好きになってしまったら...。
考えただけでもドキドキしてしまいますよね?
ここでは、そんな既婚男性が好意のメールを送信してくる
その内容について、お話します。

 

宛名が男の名前になっている!

 

既婚男性は、もちろんパートナーがいるわけですから、
貴女のことが、たとえ好きだったとしても、
決して浮気がバレないように工作をします。

 

夫婦の間で、携帯電話にロックをかけますと、
なおさら、「何かを隠しているのではないか?」と、
パートナーに疑われてしまいまいます。

 

ですから、おそらく彼は、貴女の携帯メールアドレスの宛名を
会社の上司や部下、あるいは取引先の会社で、パートナーが知っている、
男性の名前を使って、登録するはずです。

 

だから、貴女は事前に彼と相談して、貴女の名前ではではなく、
彼のパートナーが知っている男性の名前でメールが送信されて来ることを
事前に相談して、貴女自身も、彼とだけ専用のメールアドレスを作って
返信する必要があります。

 

なぜなら彼が、たとえば「木村真哉 様」と書いたメールの返信者が、
「山本さやか より」では、彼のパートナーに、
バレバレになってしまうからです。

スポンサーリンク

既婚男性からの好意のメールの内容とは?

 

そして、メール本文の内容ですが、これも、まずはじめに、
「パートナーに貴女との関係がバレないこと」が前提ですので、
「好意の言葉」などは書いて来ません。

 

たとえば、
「次回の打ち合わせは11月25日(水)の午後18:00に喫茶店・アルトにて」
ですとか、

 

「今度の日曜日にゴルフでも行きませんか?」ですとか、
「仕事がらみ」のメールの内容となって来ます。

 

「おやすみメール」もダメなの?

 

もし、仮に貴女と既婚男性の彼氏が交際しているのであれば、
「おやすみなさい」の一言くらいは、送信したいのが「乙女心」ですよね?
けれども、彼氏の家庭に迷惑をかけてはいけませんので、
ここは原則ガマンして下さいね。

 

どうしても「おやすみメール」をしたいのであれば、
「◯◯様 今日も一日お疲れ様でした。今晩は冷えるようですので
暖かくしてお休み下さいね。それでは、失礼致します」
と、性別が分からないようなメッセージであれば、OKかもしれません。

 

しかし、「女の感」は鋭いので、
「どうして、わざわざ、こんな遅い時間に部下の男性がメールして来るの?」
と、まず、彼氏が疑われてしまいますので、注意が必要です。

スポンサーリンク

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加