好意がある表情とは会話が途切れても笑顔を絶やさない!

スポンサーリンク

ここでは、「好意がある表情」についてお話します。

 

好きな人の表情はあなたの心を騒がせるものですよね。
素敵な笑顔も、考え込むような表情も、
どんな表情も一つ一つについ意味を探してしまいます。

 

ではあなたに好意がある場合、
好きな相手はどんな表情をみせてくれるのでしょうか。

 

みせてもらえると嬉しい!笑顔

 

まずはやっぱり笑顔ですね。
好きな人には自分の印象をよく持ってほしいという思いから、
普段から笑顔でいることが多いです。

 

話の途中にみせる笑顔はその会話を本当に楽しんでいる証拠ですし、
話をしていないときにも笑顔でいる場合は、
あなたといられることをうれしく思っているのです。

 

相手の笑顔を見るととてもうれしいものですよね。
その笑顔をみてあなたも笑顔になることで、
相乗効果でさらなる笑顔を引き出すことができますよ。

 

どんな笑い方をしているかで意味も変わる!

 

笑顔にも何パターンか存在します。
笑顔は好意の証!とお伝えしました通り、
笑顔でいる相手はあなたに好印象を持っています。

スポンサーリンク

ただし、笑顔にもいろんな種類がありますよね。
こんな笑顔の場合は要注意です。

 

「ぎゃはは!がはは!」といった大笑い。

 

大人数で話が盛り上がったときなどはいいのですが、
二人きりで話しているにもかかわらず常にこういった笑い方の場合は、
あなたに対して「友人・家族」といった身近な存在だと思っています。

 

好意には変わりないのですが、恋愛対象として見てもらえていません。
気になる相手に恋愛対象として見てもらえるよう、行動を見直してみましょう。

 

反対に、はにかむような笑顔や微笑んでいる場合は、
あなたに対して好意を抱いているはずです。
積極的にアプローチしてみましょう。

 

会話が途切れた時の表情にも注目!

 

会話が弾んでいる時はにこにことしていたのに、
会話が途切れたとたん無表情になった場合、
恋愛感情まではまだ進んでいないことが多いです。

 

恋愛的意味で好意があれば会話が途切れても微笑みを絶やさないものです。
相手の好意のサインを見逃さないよう、
会話をしていないときでもさりげなく相手の表情を確認してみてくださいね。

スポンサーリンク

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加