好意があるかないかはどうしたら分かるの?

スポンサーリンク

ここでは、「好意があるかないかはどうしたら分かるのか」についてお話します。

 

好意があるかないかを判断するのは難しい

 

気になる相手が自分の事をどう思っているか、
気になる人は多いと思います。

 

しかし、人は他人の心は読めないもの。

 

相手に好かれているのか、でも、もしかしたらそれは全部、
自分の勘違いなのではないだろうかとそんな事に頭を悩ませて、
眠れぬ夜を過ごす人もいる事でしょう。

 

では、どうやって相手が自分に
好意を抱いているかどうかを判断したらよいのでしょうか?

 

相手の好意があるのかないのか、簡単に判断出来る方法を紹介します。

 

まずは自分から近づいてみる

 

相手が自分に好意を抱いているかどうかを知る一番の方法は、
あなたから相手に近づいてみて相手の反応を見ることです。

 

この時、いきなり相手の身体に触れたりしてはいけません。

 

何故なら、相手が自分に好意を抱いていない場合、
身体に触れるという行為は相手に不快感を与えるためです。

 

最初は相手の側へ行って、色々と話をしてみるといいでしょう。

 

その時に、相手は自分が近づいてきた事で嬉しそうにしているか、
それとも嫌そうにしているかを見て下さい。

スポンサーリンク

また、自分が話している時の相手の反応も大事です。

 

あなたの話に興味を持って耳を傾けているのか、
それとも上辺だけ繕って笑っているのか、
つまらなそうにしているのか。

 

その反応を見れば、相手の気持ちが分かるはずです。

 

また、相手と歩いている時にわざと近寄ってみるのも一つの方法です。

 

側に寄っていった時、相手が身体を離そうとするのか、
それとも近寄ってくるのかを観察してください。

 

自分からの好意を伝えるのも大切

 

相手が自分の事をどう思っているか分からないと、
自分も動きづらくなり、ついつい自分の気持ちを
隠しがちになってしまいますが、

 

相手の気持ちが分からない時ほど、
自分の気持ちを相手に少しずつ見せてみて下さい。

 

自分は好意を抱いているけど、あなたはどう?
と自分からサインを出していくのです。

 

自分の好意を相手に見せた時、
相手がどう反応するかがとても大事なポイントです。

 

あなたの好意に相手が良い反応を返してくれた時、
その時こそが、相手の好意をあなたが確かに確認出来る時なのです。

スポンサーリンク

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加