好意があるサインとは?

スポンサーリンク

ここでは、「好意があるサイン」についてお話します。

 

好きな人が出来た時、誰にも話していないのに、
誰かにその気持ちに気付かれてしまうことがあります。

 

反対にあなたの事好きなんじゃないの?
と全く思ってもみない人の事を言われるケースもあります。

 

誰かに好意を持つと、無意識の内に態度や行動に現れ、
勘の良い人にはもしかしてと気づかれてしまうのです。

 

そういった人の行動が見抜けたら、自分の恋愛にも活かせますよね。

 

好意があるサイン

 

好意がある時のサインを見逃さずにいきたいものです。

 

一般的には、言動や態度、メールなど、
好きな相手にはいつもよりも意識したものになります。

 

あなたにも経験があるかと思いますが、
好きな人の事が知りたくて、
ついつい質問系の言葉ばかり投げかけてしまいます。

 

良い印象を持って欲しいので、
無意識のうちに声色が変わっていたりする事もあります。

 

メールなども好意があればマメに返信しますし、
相手を思って男女共に絵文字を駆使するのではないでしょうか。

 

彼氏や彼女の存在を聞かれたなら、
社交辞令という可能性もありますが、

 

全く興味のない人にはそんな事聞きませんから、
好意を持たれてると思って良いですね。

スポンサーリンク

距離が近づいてくる

 

好きな人には近づきたいというのが人間の心理です。

 

いつも相手を目で追ってしまうため、
いつも視界に入る場所にいる事になり、
相手にも無意識の内に自分を印象付けてしまいます。

 

いつも近くにいる人が、たまにいないと

 

「あれ?」

 

と思ってしまうものです。

 

さらにはボディタッチとして、距離を縮めていきます。

 

身体に優しく触れられるのは、
余程嫌いな人でもない限りは安心感を得るものです。

 

触る側からすると、親しみや
信頼なども含まれる好意の現れになります。

 

会話の中で、内緒話しや秘密の共有なども、
心理的な距離は縮まりますから、好意のサインとして受け取れます。

 

耳元でコソっと話をされるのは、特別感がありますし、
相手が異性ならドキッとしてしまいますよね。

 

あなたが好きな人からこういった態度や行動をされたら、
その恋は成就されるはずですから、自信を持って大丈夫です。

スポンサーリンク

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加