好意はあるけど付き合えない時の対処方法とは友だちのままでいる事!

スポンサーリンク

ここでは、「好意はあるけど付き合えない時の対処方法」についてお話します。

 

一緒にいたら楽しさを感じたり、
良い刺激を受ける相手に出会えたとき
付き合いたいという感情が生まれてきますよね?

 

けれども好意はあるのに付き合えない時が存在します。
その場合の対処方法を考察していきます。

 

好意=友情なのでは?今のままで!

 

お互いにいい雰囲気になっていよいよ付き合うかも
という段階になっても先に続かない…。
そんな時、二人の気持ちの温度差を確認してみてください。

 

あなたの好意はLOVEで、相手の好意はLIKEなのかもしれません。
相手からの好意を実感できても、必ずしも好き同士とは限らないので、
付き合えない場合があります。
友情は一生ものですから、関係が壊れないように現状維持をお勧めします。

 

友達関係のほうが一番何でも話せてベストな立ち位置にいれることも。
付き合うという枠にはまらないで友達として、
ベストパートナーになるのもひとつの対処方法かと感じます。

 

付き合うことに壁を感じているのでは?良き理解者で!

 

もし相手に持っている好意が同じ「好き」という感情だったら…。
付き合うことを自然で、簡単なことと思うかもしれません。

スポンサーリンク

けれども、どちらかが付き合うことに対して、
壁があったとしたら難しいものです。
失恋のトラウマ、煩わしさ、面倒臭さです。

 

そんな時は辛抱強さがカギになります。
北風と太陽のお話ではないですが、ゆっくり優しく相手の心を
解きほぐしていけるのは、身近なあなたですから。

 

今の距離感を保ちつつ、相手の話に耳を傾け良き理解者を続けてみてください。
壁を感じている人こそ、その物事に臆病になっているので、
相手への信頼感が重要なのです。

 

実はパートナーがいるのでは?場合によっては身を引いて!

 

好意があるのに付き合えないパターンとして、
実は相手に好きな人がいた、付き合っている人がいた、
最悪な場合は配偶者がいた、というケースもあります。

 

相手に好きな人がいる場合、あなたがその人を超えれる可能性があります。
付き合っている人がいた場合、なかなか難しいですが、
別れたときに自分の気持ちを伝えて付き合える可能性があります。

 

けれども配偶者がいた場合、こちらは相手がなんと言おうと、
身を引くことをお勧めします。
上記に共通しているのが、自分に好意をもつのと「好き」というのが、
全く違うことを自覚することです。

 

相手に大切な人がいる期間は身を引いて、
可能であれば自然に距離も開けることが、対処方法になってきます。

スポンサーリンク

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加