好意をもって接することに嫌気がさす時とは愛想が尽きてしまった時!

スポンサーリンク

ここでは、「好意をもって接することに嫌気がさす時」についてお話します。

 

「愛想が尽きる」という慣用句の意味は、
「好意を持って接するのに嫌気がさす」です。

 

今まで好意を持っていてそう接していたにも関わらず、
そういう行動だったり相手のことが嫌になってしまうということですね。
そこで、愛想が尽きるというシーンについてご紹介させていただきます。

 

見返りが無い時!

 

例えば、好意を持っている相手のサポートをしたりプレゼントをしたり。
これらには労力がかかります。
にも関わらず何の見返りも無ければ、
いわゆる心が折れてしまうという現象が起こります。

 

この現象がいつ訪れるかは人によって異なります。
しばらく頑張れるという方もいれば、すぐに諦めてしまうという方も。
無償でその人をサポートし続けるのは難しいのですね。

スポンサーリンク

噂になってしまった!

 

好意を持って接していると、
隠しているつもりでも気持ちがこぼれてしまうように、
バレてしまうことがあります。

 

その結果、職場内や学校内などで噂になってしまうことも。
周りの人からも噂され、好奇心の目で見られると
そこで嫌気がさしてしまうという方が非常に多いです。

 

噂になってしまうと良く働くこともありますが、
多くの場合は本人が辛い思いをする事になります。
猛アピールをするようなタイプの方なら良いのですが、
そうでない場合は思いがバレてしまうと面倒ですよね。

 

特に周りにおせっかいな人や噂を広めるのが好きな人がいると、
それ自体が面倒になってしまいます。

 

時には思いが逆転してしまうことも!

 

今まで好きだった相手に対して愛想が尽きてしまうと、
今までとは感情が逆転してしまうことがあります。
あんなに好きだったはずの相手を、今は嫌いになってしまうという現象です。

 

これは、人間関係においては逆のことも考えられます。
つまり、嫌いだった相手を好きになってしまうこともあるということです。
一般的に、好意が大きければ大きいほど
より逆転してしまう現象が起こると言われています。

 

とはいっても、報われない思いをずっと秘めているよりも
どこかで方向転換しなければならない日は必ず訪れますね。

スポンサーリンク

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加