好意が重い時とは?

スポンサーリンク

ここでは、「好意が重い時」
についてお話します。

 

お互いに好意を持っていると感じたのに、
告白するとフラれてしまった…

 

なんて経験はありませんか?

 

もしかしたら、気持ちが重いと
言われた事もあるかもしれません。

 

そんな時、

 

「どうして?」

 

と不思議でたまりませんよね。

 

どうしてお互いに好感を持っていたのに、
重いと感じられてしまうのでしょうか。

 

そこで今回は、好意が重いと
感じる理由について紹介します。

 

心地よい程度を超えた好意

 

一般的に、人間は好意を向けられると
心地よいと感じるものです。

 

自分の事を良く感じてくれているというのは、
1人の人間として
認められていると感じるのです。

 

特に男女の場合は、
恋愛感情に発展しやすくなるのです。

 

しかし、人には心地よいと
感じる程度というものがあるのです。

 

その程度を超えてしまうと、
好意が重く感じたり、

 

ひどい時は気持ち悪いと
感じるようになってしまうのです。

 

もし貴女の好意が重いと言われたのであれば、
貴女の好意が彼の心地よい程度を
超えてしまっているのでしょう。

 

重いと感じる理由
1.嫌悪感や恐怖感を感じる

 

自分に好意を持ってくれている事は、
男性にとって嬉しい事です。

 

しかしその好意があまりにも強くなると、
見返りを求められている
気がしてしまうのです。

 

見返りというのは、
交際や結婚などで同程度の
愛情を注ぐプレッシャーなどです。

 

この見返りが、恐怖感や
嫌悪感と繋がっていくのです。

スポンサーリンク

ほんの少し好感を抱いただけの相手から、
それだけ大きなものを望まれたら
誰でも怖い、嫌だと感じるでしょう。

 

もし貴女の好意が重いと
言われるのであれば、

 

好意の見返りを求めているように
感じているのかもしれません。

 

貴女がそのつもりは無くても、
一度自分の行動を
見返してみると良いでしょう。

 

 

重いと感じる理由
2.軽い好意でないから

 

万人から向けられて心地よい好意というのは、
あくまでも軽い好意です。

 

一定以上の好意は、
大抵は自分の好きな相手からしか
受けられないものなのです。

 

お互いが好き同士の彼女からであれば、
大きな好意を向けられても
受け入れられます。

 

しかし、まだ好意を持っている程度の
女性からの大きな好意は、

 

好きという気持ちに
温度差を感じるのです。

 

自分は少し好意があるだけなのに、
大好きオーラを出されてしまうと、
なんだか気持ち悪くなってしまうのです。

 

もし貴女の好意が重いと
言われるのであれば、
好きオーラが強いのかもしれません。

 

素直な事は良いですが、
彼が引いてしまうほどの
アプローチは避けた方が良いでしょう。

 

このように、好意が重いと感じる
理由は様々なものがあるのです。

 

せっかく好意を伝えても、
相手に嫌悪感や恐怖感を与えてしまっては、
悲しい結末になってしまいます。

 

是非、重いと感じられないように、
相手の気持ちも考えてみてくださいね!

スポンサーリンク

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加