好意の押し付けとは?

スポンサーリンク

ここでは、「好意の押し付け」
についてお話します。

 

貴女は、好きな彼に
好意を押し付けてはいませんか?

 

好きな彼の気持ちよりも、
自分の気持ちを優先させて
しまっているのではないでしょうか。

 

愛されたい、認められたいという
気持ちは誰でも持っているもの。

 

しかし、好意をかけた分だけ
相手に感謝されなかった、

 

受け止めてもらえなかった時は
無念でいっぱいになりますよね。

 

そして、誰が見ても余裕が
なくなっていってしまいます。

 

どんな好意の押し付けを
するのは、自分でも嫌なはずです。

 

そこで今回は、好意の
押し付けをしない方法を紹介します。

 

慈悲の心で

 

「自分がこうしてあげたのだから、
相手は喜ぶはずだ」

 

などという考え方は、相手にとって
好意の押し付けでしかありません。

 

好意を押し付けないためのポイントとしては、

 

「慈悲の心」

 

で相手と接する事です。

 

慈悲とは、相手に見返りを
期待しないで与える心のこと。

 

相手に感謝されなくても、
尊敬されなくても良いのです。

 

ただただ相手の事だけを想い、
愛情をかけていくようにしましょう。

 

相手のために何かしてあげても、
感謝の言葉を強要してはいけないのです。

 

本当に好きな人であれば、
何も見返りを求めないはずです。

 

もし好きな彼に見返りを
求めてしまっているのであれば、
それは本当の愛情ではないでしょう。

 

好意を損得で考えない

 

「これだけの好意をかけたのだから、
相手も返してくれるだろう」

スポンサーリンク

と考える事がありますよね。

 

しかしこの考え方自体、
すでに好意の押し付けでしかないのです。

 

本当に好きであれば、
好意に損得など考えないもの。

 

ただ純粋に相手の事を考えて
何かをすれば、相手は自然に
感謝をしてくれるはずです。

 

また、自分が苦しい時は自然に
手を差し伸べてくれるでしょう。

 

もし貴女に気になる彼がいるのなら、
その好意に損得を持ってはいけません。

 

彼のために、自分に出来ることを
やってみてはどうでしょうか?

 

相手が喜べばそれでOK

 

相手を喜ばせた時に、

 

「これだけ喜ばせてあげたのだから、
自分も喜ばせてくれるだろう」

 

という考え方は、
好意の押し付けになります。

 

特に頼んだわけでもない時に、

 

「喜ばせたから自分にも」

 

というのは、好意の
押し付けでしかありませんよね。

 

そうではなくて、彼が喜んでくれれば
それでOKと考えて見ましょう。

 

純粋にそのような気持ちになれれば、
好意の押し付けにはならないはずですよ!

 

このように、好意の押し付けを
避けるための方法は様々にあるのです。

 

せっかく抱いた好意です。

 

押し付けにならないように、
純粋な気持ちで彼に
伝えていってくださいね!

スポンサーリンク

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加