職場での好意の勘違いとは食事に誘われたり笑顔であいさつされた時!

スポンサーリンク

ここでは、「職場での好意の勘違い」についてお話します。

 

同じ職場で働く人から好意のサインが出ていたら。
職場というのは、非常に狭い場所です。
恋愛の問題がきっかけで仕事にも影響を及ぼしてしまう可能性がありますので、
慎重に行動する必要があります。

 

何より好意を勘違いしてしまう方もいらっしゃいますので注意したいところ。
そこで実際の事例を元にご紹介させていただきます。

 

男気ある上司の行動を勘違い!

 

職場恋愛において、何かトラブルなどが起こった際に
自分のことを守ってくれたり、サポートしてくれるというのは
非常に大きな好意のサインといえます。

 

しかし、人によってはこれらのことを
当たり前にやれてしまう上司というのも存在しています。
本来であれば自分の保身を考えるところを、部下の自分を助けてくれた。

 

これって好意があるんじゃないの?
と勘違いしてしまう方が多いのですが、
元々男気ある熱血タイプの方というのも考えられます。

スポンサーリンク

中には、「部下のミスは上司である自分のミス」と考えてしまう方もいます。
こういう方は職場恋愛で好意を抱かれやすいのですが、
「守ってくれているから自分に好意があるのかも」と
勘違いがきっかけになっていることが多いんです。

 

誘われた=好意では無い!

 

例えば食事や飲み会に誘われたという場合。
実際にそのまま行くのであれば問題は無いのですが、
中には誘ったくせになかなか予定が空いていないという方もいらっしゃいます。

 

この場合、会話の話題としてだったり、
その場を流すために適当に誘っているというケースが考えられます。
そのため、「誘ってくれたし好意があるんだろう」と
考えてしまうのは勘違いにつながりますのでちょっと危険ですね。

 

笑顔で挨拶してくれるのは好意があるから?

 

これは、特に男性が勘違いしてしまいやすいポイントです。
「笑顔で挨拶してくれたから」こういう理由を話すと、
男性は納得しますがほとんどの女性は違和感を感じます。

 

なぜなら、男性に比べて女性の方が社交的な傾向にあるからです。
つまり、しっかり笑顔で相手の目を見て挨拶するというのは
社交的な人にとっては特別なことではありません。
これを好意のサインと勘違いしないようにしましょう。

スポンサーリンク

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加