年下男性にからかわれる好意のサインとはブーブークッション?

スポンサーリンク

ここでは、「年下男性にからかわれる好意のサイン」についてお話します。

 

貴女がもし、学校や、会社や、役場などの職場で、
年下男性の彼から「好意のサイン」が送られて来たら、
「もしかしたら、私のことをからかっているだけ?」
なんて、初めのうちは、そう考えてしまいますよね?

 

確かに年下男性ですと「年下男性 思わせぶり 好意 サイン」で
お話しましたように「無邪気な一面」を持っていることは、
確かだ、と言うことができます。

 

それでは、年下男性が「からかっているだけなのか?」、
それとも「本気で貴女に好意を寄せているのか?」について、
その、見極め方をご紹介します。

 

からかっているだけの場合とは?

 

男性心理の中では「好きな女性をからかいたい」という、
欲求が大きく含まれています。
小学生の頃を想い出して見て下さい。

 

特に低学年の男子生徒は、「好きな子だからからかう」という
行動をされた男性も多いのではないでしょうか?
それでは一体、「好きでも無いのにからかう」とは
どのような行動なのでしょうか?

 

ズバリ、それは「悪意のあるからかい」です。
たとえば、これは私の体験談なのですが、
小学校の時の同じクラスに「たど のぶこ」という、
名前の女の子がおりました。

 

あれは、確か「家庭科」で「実習授業」の時でした。
ある男子生徒が「たどさんの名前を逆さまに呼ぶと、こぶのどた!」
と大きな声でからかって来たのです。

スポンサーリンク

教室は笑いの渦になってしまい、かわいそうにその、
たど のぶこさんは、とうとう泣きだしてしまいました。

 

こういった、人を小馬鹿にしたような、からかい方は
その男子生徒が、「教室のクラスメイトから、
自分が笑いを取って、人気者のなりたかっただけ」ですので、
「悪意のあるからかい」だと言えます。

 

本当に好きなのでからかっている場合とは?

 

これも私の体験談なのですが、中学2年生の時に、
隣の席に座った男子が、私が国語の授業中、
手を挙げて、先生にさされたので、立ち上がって、
教科書を持って、音読していた時の出来事でした。

 

なんと、コッソリ私の椅子の上に「ブーブークッション」を、
置いて来たのです。
読み終えた私が席に座ると大きなオナラのように、
「ブーッ!」という音がして、教室は大爆笑の渦となりました。

 

この時は私は、大変恥ずかしかったので、
「悪意のあるからかい」だと思いました。
ところが、その男子生徒は一学期だけで、
夏休みに引っ越して、転校してしまいました。

 

そして、引っ越してから数日後に、
私と同じ「班」だった女子生徒全員に、
手紙を書いて、送って来たのです。

 

そして、私だけ、この「文通」が半年以上も続いて、
その中の一通には「俺は人間として、お前が好きだ」と
書かれていたのでした。

 

このように今にして思えば、年下ではありませんでしたが
「彼は私が好きだったからこそ、からかかっていた」のだと言えます。

スポンサーリンク

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加