年下男子の好意のサインとは上目遣いでお願いしてくる!

スポンサーリンク

ここでは、「年下男子の好意のサイン」についてお話します。

 

男子や女子とは、ふつうは学生のときまでしか使わない言葉だと、
貴女は思ったことはありませんか?

 

けれども、
年下男性 からかわれる 好意 サイン」でお話したように、
男性の「精神年齢」が低いので、女性は「年下男性」のことを、
「年下男子」と呼ぶ機会が、学生では無いのですが、増えて来ています。

 

今回は、そんなカワイイ「年下男子の好意のサイン」を
解説して行きます。

 

年下男子は「好き避け」が多い!

 

貴女がもし大学生で、年下男子の彼からの「好意のサイン」を、
読み取ろうとしても、それは少しむずかしいことかもしれません。
なぜなら、20歳前後の男子は「好き避け」が多いからです。

 

なぜ、多いのかと言いますと、いわゆる「ゆとり世代」なので、
自分に自信が持てない「草食系男子」が、圧倒的に多いからです。
つまり、貴女のことが好きでも、まず自分から積極的にアプローチしてくる、
年下男子は、圧倒的に少ないと言えます。

 

では、どのような態度が「好意のサイン」と呼べるのでしょうか?
いくつかを、これからご紹介しますね。

スポンサーリンク

敬語を忘れる!

 

もし、貴女がサークルなどの先輩であれば、年下男子との会話は、
後輩なので、ふだんはたとえば、
「◯◯先輩、これは、どうやって使うんですか?」
といった風に敬語で話すのがふつうです。

 

ところが、その年下男子が仮に貴女を好きならば、
先輩だということを、ついつい忘れてしまって、
たとえば、「◯◯ちゃん、これどうやって使うの?」
などと、貴女の下の名前まで「ちゃん付け」で呼んできます。

 

上目遣いでお願いしてくる!

 

これは、典型的な男性心理における「好意のサイン」だと言えます。
まず「上目遣い」ですが、これは男女共通して、
「好きだから恥ずかしくて相手の視線を直視出来ない」という態度です。

 

また、何かお願いごとをするその理由とは、貴女が年上女子なので、
単純に「甘えたい」という、これも男性心理における「好意のサイン」の
典型的なパターンだと、言うことが出来るのです。

スポンサーリンク

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加