年上女性の好意のサインとはアプローチ出来ない人の方が多い!

スポンサーリンク

ここでは、「年上女性の好意のサイン」についてお話します。

 

自分より年上の女性というのは、何だかそれだけで経験豊富に見えてしまいます。
それだけに、うまく相手の気持ちを知って立ち回りたいところですよね。
そこで、年上女性はどのような好意のサインを出すのか、ご紹介させていただきます。

 

世話を焼きたがるようになる!

 

基本的に女性は年下の男性に好意を抱くと、世話を焼きたがるようになります。
それは、一種の母性本能が働いているからです。
例えば、同じ職場だったら仕事の様子を見に来たり、
女性の場合は差し入れをくれるケースが多いですね。

 

というのも、女性は好意を抱いている人に
何かをプレゼントするのが好きという方が多いからです。
わかりやすい好意のサインといえますね。

 

「ちゃんと男性として見てほしい」という気持ちはもちろんわかるのですが、
これも女性側から向けられている好意なのでそこはありがたく受け取るのが吉です。

スポンサーリンク

一緒にいる時間を作ろうとする!

 

年上男性と年下男性、どちらの方がより誘いやすいかといいますと、
やはり立場的に年下男性の方が誘いやすいものです。
それを生かして食事に誘ったり飲みに行かないかと誘ったり、
一緒にいる時間を作ろうとするのが特徴です。

 

ただし注意したいのは、自分が年上ということに
負い目を感じてしまってあまり恋愛系の空気にならないことが多い点です。

 

「職場の明るくて元気な女性の先輩」だと思っていたら
実は自分に好意を持っていた、なんてこともありますので
注意して見ておきたいところです。

 

アプローチ出来ない人の方が多い!

 

年上女性となると、「簡単にあしらわれてしまうかもしれない」と
思ってなかなかアプローチ出来ないという方が多いですよね。
しかし、それは女性側も一緒なのです。

 

「女の方が年上でいいの?」と考えている方が多いため、
なかなか恋愛に発展しないケースが多いんですね。
うまくアプローチが出来ないからこそぶっきらぼうな態度が
好意のサインになるといえます。

 

そのため、気になる年上女性が少しでも好意のサインを見せてくれていたら、
それを逃さないようにしましょう。

スポンサーリンク

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加