好意を伝えるメールの内容とは?

スポンサーリンク

ここでは、「好意を伝えるメールの内容」
についてお話します。

 

貴女は、好きな男性とメールをしていますか?

 

好きな彼とのメールでは、
出来るだけ好意を伝えたいと
考えるのではないでしょうか。

 

直接会って伝えるのはもちろんですが、
それとなくメールで
伝えておく事は大切ですよね。

 

しかし、どのようなメールなら
彼に伝わるのでしょうか?

 

そこで今回は、好意を伝える
メールについて紹介します。

 

直接会った後のメール

 

彼と会って遊んだ、彼と仕事で一緒に出かけた、
など彼と直接会った後のメールでは、

 

・楽しかった気持ち

 

・嬉しかった気持ち

 

・また会いたい気持ち

 

・相手の名前を書く

 

を伝えるメールの内容がポイントです。

 

特に重要なのは、
メールの中で相手の名前を書くこと。

 

人間は自分の名前を呼ばれると、
意識するものなのです。

 

ただし、冒頭に

 

「○○さん」

 

と名前を書きがちですが、
礼儀的であまり効果がありません。

 

本文の中で、
名前を書くようにしましょう。

 

食事に誘う場合のメール

 

貴女が積極的に気になる彼を
食事に誘おうと考える場合、

 

メールでも好意を
伝えて誘いたいですよね。

 

そのような場合は、

 

・相手の心理的負担にならない形で誘う

 

・断りやすいようにする

 

・1日デートは重いのでNG

 

・友達同士の食事ではない事はハッキリ伝える

 

を伝えるメールの内容がポイントです。

 

特に重要なのは、友達同士で
会いたい訳ではない
とハッキリ伝えること。

スポンサーリンク

言い方はどうであれ、
2人で会いたいという事は
ハッキリ伝えましょう。

 

ハッキリ伝えるという事は、
OKかNGかハッキリ
白黒分かるという事。

 

それなりの勇気が必要です。

 

もしまだそこまでの勇気が無いのであれば、
直接会った後のメールのような内容で、
取り敢えず相手の反応を見ましょう。

 

タメ口と敬語、どちらが効果的か

 

好意を伝えるメールを打とうとした時、
タメ口が良いか敬語が良いか
迷ってしまいますよね。

 

実は、どちらが良いかという
正解はありません。

 

相手との関係性や距離感によるのです。

 

普段相手と接する時と同じ
言葉遣いにすると良いでしょう。

 

普段タメ口で話しているのであれば、
メールで好意を伝える時も
タメ口で良いです。

 

職場などで敬語で話しているのであれば
メールでも敬語で、

 

合コンなどで敬語で話していたのなら
メールにも敬語を織り交ぜると良いです。

 

また貴女自身、真面目で
誠実といった印象を与えやすい人は、
敬語の方が無理がなくて良いこともあります。

 

もしどちらが良いか分からない場合は、
最初は敬語を使いましょう。

 

メールの場合は、敬語でも
おかしく無いので、安心してくださいね!

 

ただし、名前を呼ぶときは
苗字でなく名前を呼ぶようにしましょう。

 

このように、好意を伝えるメールは
様々なポイントがあるのです。

 

あまり深く考えすぎず、
素直な気持ちを
伝えていくようにしましょうね!

 

ただし、名前を
呼ぶことだけは忘れないで下さい。

 

貴女の気持ちが彼に伝わりますように。

スポンサーリンク

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加