女性の好意のサインで近寄る距離とは嫌いな人には近寄らない!

スポンサーリンク

ここでは、「女性の好意のサインで近寄る距離」についてお話します。

 

気になる女性と話している時に、距離って気になりませんか?
ある程度一定の距離を取って会話する人もいれば、
びっくりするほど近くで話す女性もいます。

 

では、そういう人は自分に好意があるのでしょうか?
そこで、女性と近寄る距離についてご紹介させていただきます。

 

嫌いな人には近寄らない!

 

まず大前提として、嫌いな人にわざわざ話しかけたり近付く
という人はなかなかいらっしゃらないかと思います。
仕事の関係でどうしても話さなければならないとなっても、
ある程度の距離を保つのが普通です。

 

そう考えると、向こうから近づいてくる女性というのは
恋愛感情がある無しに関わらず、
ある程度自分のことを好意的に考えてくれているというのがわかります。
つまり、好意のサインとして考えることが出来るということですね。

スポンサーリンク

人には入ってほしくない距離がある!

 

満員電車など、肌が触れるほど人が近くにいると
やっぱり嫌だと感じてしまいます。
しかし、それが友人だったり好きな人であれば気になりません。

 

こういった、「入ってほしくない距離」というのは全ての人に存在しています。
つまり、近くに来てくれるということは、
彼女にとって貴男は「その距離に入っても良い人」ということです。

 

これは、大きな好意のサインといえます。
なぜなら、この距離というのは人が本能的に感じるものだからです。
嫌いな人は嫌だけど、好きな人なら近くにいても大丈夫。
非常にシンプルな考えですよね。

 

近くの小物も要注意!

 

ただし、距離が近いというのは、必ずしも好意のサインになる
というわけではないのです。

 

なぜなら、男性の場合は顕著に現れますが、
女性の場合は社交的な人が多いので好意を抱いていない男性相手でも、
わりと近くに来る方が結構いらっしゃるからです。
そこで注意したいのは、小物などです。

 

距離が近いといっても、二人並んでいるのに間に
バッグを置かれていたりする場合は
好意を持たれているとは考えにくいですよね。
近い距離にあるからといって、それだけで判断しないようにしましょう。

スポンサーリンク

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加