職場の上司の好意のサインは自分の失敗を助けてくれ個人的な会話を!

スポンサーリンク

ここでは、「職場の上司の好意のサイン」についてお話します。

 

職場で、
「もしかしたらこの人は私のことが好きなのかも?」
と思う時があります。

 

同期など近い立場の人ならまだ良いのですが、
上司となるとお互いの立場を考えて
お互いうまく行動できないことがありますよね。

 

そこで、上司は好意を抱いている部下に
どのような好意のサインを出すのかご紹介させていただきます。

 

何かがあると助けてくれる!

 

何かトラブルがあった時などは、
やはり自分の保身を考えてしまうものです。
それは、立場が上になればなるほどその傾向は強まりますよね。

 

そんな中でも、ちゃんと助けてくれるというのは
上司の立場からできる最大の好意のサインと考えることができます。
もちろん大きなトラブルだけではなく、
些細なミスなどでもしっかりカバーしてくれるなどのケースですね。

 

社会人ということを考えるとあまりサポートしすぎるのは良くないものですが、
好意を抱いている相手というのは特別で、
どうしても守りたいと思ってしまうものなのです。

スポンサーリンク

プライベートな話が多い!

 

もし自分にだけプライベートな話をしてくるという場合、
かなり好意を抱かれている可能性は高くなります。
やはり職場恋愛で仕事の話ばかりしていてもなかなか関係は進展しませんよね。

 

それよりも大切なのは、プライベートな話をして
仕事モードから恋愛モードに発展させることなんです。

 

他の部下に対しては仕事の話や他愛もない話ばかりなのに、
自分に対してはプライベートな話はもちろん、
恋人の有無を聞かれたり恋愛系の話が多いという場合は好意を抱かれていて、
さらに探りを入れられている可能性が高いですね。

 

お酒を飲んだ時の態度に注目!

 

職場恋愛が失敗してしまうと出世に響く可能性もありますし、
会社に居づらくなってしまう可能性があります。
そのため、他での恋愛に比べて慎重になってしまいがちです。

 

そこで重要視したいのがお酒を飲んだ時の態度です。
やはり、お酒を飲むとガードが緩くなるんですよね。
飲み会で近くの席に移動してきたり二次会に誘われたり。

 

いつもは真面目な上司がお酒を飲むとニコニコした笑顔を見せる、
など色々な好意のサインをチェックすることができます。

スポンサーリンク

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加