男性や女性が異性に送る好意のサインとは?

スポンサーリンク

ようこそ「好意のサイン.com〜男性・女性別にチェック〜」へ!
私は「好意のサイン恋愛専門アドバイザー」の愛子と言います。

 

人は好意のある人間に対して
どのような好意のサインを見せるのでしょうか?

 

これを知っていることによって、人間関係はより良いものになります。

 

男性でも女性でも、自分のことをよく思ってくれている人が
わかるのですから当然ですね。

 

そこで、好意のサインをどうやって
チェックすれば良いのかご説明させていただきます。

 

会話の内容をちゃんと覚えてくれている!

 

極端な例ですが、もし自分が片思いをしている相手や
昔からずっと憧れている人と会話した内容は
他の人と話した内容に比べてしっかり覚えているものです。

 

逆にあまり好きではない人の会話は聞き流してしまうことが多いので
あまり内容を覚えていません。

 

このように、会話の内容を覚えているかどうかは
その人との関係性によって異なります。

 

つまり、他愛の無いような会話でもしっかり覚えていてくれる人
というのは自分に好意を抱いている可能性がかなり高くなります。

 

もちろん性格的にしっかり覚えている人もいるのですが、
それでも好意のある人とそうでない人ではかなり違ってきます。

 

会話の内容を考えてくれる!

 

好意のある相手とは楽しく生産的な話がしたいものです。
そこで、ちゃんと会話の内容を考えてくれるというケースが多いです。

 

例えば話題をしっかり提供してくれたり、
こちらが話したい時にはちゃんと話を聞いてくれたり。

スポンサーリンク

嫌な相手との会話だったら面倒になってしまいますので、
あまり話題も提供したくないものです。

 

逆に好意を抱いている相手だと、こちらからも会話を盛り上げようと
頑張ってしまうのは非常に自然な考えですよね。

 

一緒にいると居心地が良い!

 

自分のことを嫌いな人よりも、
好きな人といることの方が居心地良く感じるものです。
これは、当然のことですよね。

 

一緒にいるだけでなぜか居心地の良い相手というのは、
自分に好意を抱いている可能性が非常に高いんです。

 

ただし、人によっては相手に合わせるのが
とても得意だという方もいらっしゃいます。

 

その場合は当てはまりませんが、自分が一緒にいて楽しい、楽、
と感じる人というのは自分を良い気持ちにさせてくれるように
立ちまわってくれる人ですから、考えて動いてくれている可能性がとても高いのです。

 

目と目が合う機会が多い!

 

人は誰でも好意を寄せている人に対しては、いつも気になります。
すると、ついつい、その人のことを、視線で追ってしまいます。
ですから「よく見られている」と、視線がぶつかる機会が多いのです。

 

「ふとした瞬間に、視線がぶつかる〜♪」とは、ZARDの名曲
「負けないで」の歌い出しの歌詞ですが、

 

このように視線がぶつかる機会が多い人は、
好意を持っている可能性が高いと言えます。

 

・・・というわけで、あなたもこのサイトの記事を読んで
「好意のサイン」について、お勉強して下さいね!

スポンサーリンク

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加