好意を感じるメールの内容とは相手に共感するメール!

スポンサーリンク

ここでは、「好意を感じるメールの内容」についてお話します。

 

あなたが好きな相手とメールをする際、
どんなことを考えながら文章を作成していますか?
多くの方は、相手に好意を持ってほしいと思いながら文章を作っていることでしょう。
では、相手が好意を感じるメールとはどんなものなのでしょうか?

 

簡潔なメールよりも感情を込めたメール!

 

仕事上でメールを利用する場合、簡潔な内容を求められますよね。
仕事でのやり取りは業務内容を伝えることが主ですから、
簡潔でわかりやすいメールが求められるのです。

 

ではプライベートではどうでしょうか?
プライベート上のメールでも、
あまりにも長すぎるメールは嫌煙される傾向にあります。

 

ですが、簡潔すぎるメールは冷たい印象を与えますので、
長すぎるメールよりもさらにNGな行為なのです。
たとえば、明日相手と会う予定があるとして時間を確認するメールを送るとします。

 

その際、「明日何時だよね?」とだけおくるよりも、
さらに「会えるのが楽しみ!」と付け加えたほうが暖かい印象となり、
好意を感じるメールになります。

 

白黒のメールよりカラフルなメール!

 

送られてきたメールの画面をパッと見たとき、
文章だけの白黒画面と絵文字が使われたカラフルなメール、
どちらが好印象に残るでしょうか?

スポンサーリンク

やはりカラフルなほうが目に留まりやすいですよね。
人間の心理として色が与える印象はその人の印象に直結しますので、
絵文字を利用してカラフルにしたほうが、
あなたの印象は明るいものになるといえるのです。

 

もちろん、使いすぎはごちゃごちゃした印象になりますので逆効果ですよ。
作成した画面を改めて見直して、疲れない程度の絵文字にしておきましょうね。

 

相手に共感するメール!

 

直接的に相手をほめてあげるのも重要ですが、
相手の好きなものをほめることも、相手に好印象を与える方法の一つです。

 

例えば、相手が以前、好きなチョコレートの話をしていたとして、
たわいもないメールの最中に、
「そういえば、この間いってたチョコを食べたんだけど、おいしかったよ!」
と伝えてみるといったやり方です。

 

人間の心理として、自分と「共感」する人間には好意を感じるものですから、
好きなものを共感してあげることはとても重要なことなのです。
これはメールだけにとどまらず、普段の会話でも使える方法ですから
積極的に取り入れてみてくださいね。

 

メールは直接の会話と違って文字として残ります。
その分印象深く残ることも多いです。
相手に好意を持ってもらえるよう上手く利用していきたいですね。

スポンサーリンク

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加