好意と善意の違いとは?

スポンサーリンク

ここでは、「好意と善意の違い」
についてお話します。

 

貴女は、好意と善意の違いがわかりますか?

 

好意と善意は、非常に良く似ています。

 

好きな彼が優しい時、
貴女に好意を持ってくれているのか、

 

それともただの善意なのか、
気になる所ではないでしょうか。

 

また、今は善意であってもいずれ
好意に変わることは
あるのか知りたいですよね。

 

そこで今回は、好意と
善意の違いについて紹介します。

 

好意とは

 

好意とは、その人が気になる、
好きだという感情です。

 

好ましい人のためになりたいと、
純粋に考えられる気持ちです。

 

そのため、見返りを求めずに
相手のためになろうとします。

 

例えば、好意を持っている人が
望んでいる事を、
叶えてあげようとするのです。

 

この時、お礼を期待するなどの
見返りは求めません。

 

本当に、その人のために
出来る事をして、
喜ばせてあげたいのです。

 

もし彼が貴女を喜ばせて満足な
様子であれば、それは好意でしょう。

 

好意を持っていない相手には、
決してこのような行動はしませんよ。

 

善意とは

 

善意とは、どんな人であっても、
困っている人のためになろう
とする気持ちです。

 

好意がある、ないは関係ないのです。

 

ただ、困っている人を見ると、
その人を助けてあげたいと
感じる気持ちなのです。

 

例えば、道に迷っている人を見たら、
目的地まで連れて行ってあげる、
という行動は善意によるものなのです。

 

もし彼が、貴女が困っている時に
親切にしてくれるのであれば、
それは善意からの行動でしょう。

 

好意などは関係ないので、
誰にでも困っていれば
親切にする性格なのでしょう。

スポンサーリンク

善意から好意になるか

 

上記のように、好意は特定の人に
対しての気持ち、
善意は万人に対しての気持ちです。

 

では、この善意が好意に
変わる事はあるのでしょうか。

 

もちろん、善意で関わっていく中で、
いつしか好意を持つようになる
可能性はあります。

 

特に男女であれば、
善意で親切にされたとしても、

 

してもらった方は相手に
好意を持つのは自然な事。

 

「素敵な人だな…」

 

と好意を持って接してくいくうちに、
お互いの気持ちが通じ合う事もあるのです。

 

しかし、必ずしも善意が好意に変わる
というわけでは無いので、
注意が必要です。

 

どんなに親切な彼であっても、
一人の男として好みの女性の
タイプはあるはずです。

 

もし貴女がその好みの
タイプでない場合は、

 

善意から気持ちは発展して
いかない事も多いのです。

 

男性は、女性の素直な姿に
ドキドキするものです。

 

彼のタイプでなくても、
素直な態度で接していけば、

 

いつしか貴女に好意を
持つようになる可能性もあります。

 

親切にしてくれた彼には、
きちんと感謝の気持ちや
嬉しかった気持ちを伝えていって下さいね!

 

このように、好意と善意は
似ていますが違うものなのです。

 

善意ある行動を受ければ、
異性であればドキドキしてしまうのは
当たり前です。

 

その好意を、どう伝えるかで
善意から好意に変わるか決まるのです。

 

是非、彼の善意を好意に
変えていってくださいね!

スポンサーリンク

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加