職場の男性で脈なしの人の行動とはプライベートの話が一切無い!

スポンサーリンク

ここでは、「職場の男性で脈なしの人の行動」についてお話します。

 

もし職場に気になっている男性がいたら、
「脈ありなのか、それとも脈なしなのか」が
最も気になるポイントですね。

 

脈ありということは、それだけチャンスがあるということですから。
逆に完全に脈なしの場合、他に行きたいとお考えになる方も多いでしょう。
そこで、「職場の男性は脈なしの場合どのような行動を取るのか」
についてご紹介させていただきます。

 

プライベートの話が一切無い!

 

男性の場合、好意のある女性に対しては例え仕事上の話であっても、
積極的に話すというのが基本です。
しかし、こちらからプライベートな話を振っても
なかなか会話が弾まないというのは脈なしのサインといえます。

 

もちろんプライベートと仕事は混同したくないという考えの方もいらっしゃいます。
しかし、好きな相手に話を振られているのですから
普通はちゃんと答えてくれるはずですよね。

 

それにも関わらずプライベートに触れるのを嫌がるというのは、
好意があるとは思えません。

スポンサーリンク

軽い態度を取られている!

 

いわゆるプレイボーイタイプな男性の場合、
当たり前のように口説いてきたり食事に誘ってくる人がいます。
そういった軽い態度を取られている場合は周りをチェックしてみましょう。

 

なぜなら、貴女以外の女性にも軽い態度を取っている可能性が高いからです。
実際に口説かれるとちょっとは
意識してしまうものですが、相手は全く意識していません。

 

それどころかそれが当たり前になってしまっている人なので、
あまり真摯に受け止めない方が良いですね。
むしろ脈なしの可能性の方が高いからです。

 

自己中心的な行動をする!

 

例えば同じグループに所属していて何かトラブルがあった場合、
好意のある女性がいれば男性は張り切って解決しようと頑張ります。
つまり、こういった場合に「自分は関係無い」といった
態度を取っている男性は脈なしと考えることが出来ます。

 

みんなで残業すれば早く終わる、といった時に自分だけさっさと退社してしまったり。
こういう男性は脈なしですね。
実際、好意があっても性格的に自己中心的な人はいますが
こういう男性は近づかないのが吉です。

スポンサーリンク

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加