同僚の好意が迷惑な時の対処方法とは相手を傷つけないで断ること!

スポンサーリンク

ここでは、「同僚の好意が迷惑な時の対処方法」についてお話します。

 

仕事をしていての“あるある”ですよね。
その人の仕事以外に興味が無いのに好意を寄せられること。

 

仕事では尊敬しているのに、仕事だけの関係でいたかったのに、
距離を縮めようとプライベートの話まで踏み込んでされた時など。

 

ケースは他にいくつもあると予想されます。
そんな時の対処法をご紹介します。

 

業務中心の内容で接する努力を!

 

好意を持たれるとプライベートな話が仕事中に多くされるようになります。
あなたの住まいや好きな人について具体的に聞かれたり、
繰り返し個人的なお誘いが続いてくるとさすがに迷惑ですよね。

 

仕事もその分捗りませんし、なんと言っても興味のない
同僚からの個人的なお誘いほど困ることはありません。

 

そんな時は、『仕事に集中』これに尽きます。
あなたから話しかけるときはもちろん仕事の話を。
その同僚と一緒の空間にいるときは、仕事を黙々とされてください。

 

相手に話す隙を与えないのが良い対処法です。
もし、仕事中にお誘いを受けたりしたら、
即仕事の話に切り替えることをお勧めします。

スポンサーリンク

好意への返事を曖昧に返さないことがカギ!

 

同僚から具体的にお誘いを受けたときを想定します。
相手に嫌な思いをさせたらいけないとか、
仕事上支障をきたすといけないからとか、
ぎくしゃくしたくないからと返事を曖昧にしてはいませんか?

 

曖昧な返事と愛想笑いほど相手には逆に好意的に写って
いることもあるのです。
返し方の例を挙げてみます。

 

プレゼントをもらった場合、ハッキリと「すみませんが迷惑です、受け取れません」
と伝えたり、デートに誘われたときに、

 

「プライベートのお付き合いはできません」と
凛とした態度で相手に伝えてみてください。
仕事では普通に話せば関係が、ぎくしゃくすることもありません。

 

パートナーの存在をハッキリ示して!

 

お付き合いしてる人がいたり、既婚者であればパートナーの存在を
しっかり伝えてみてください。
直接的・間接的どちらも効果的ですよ。

 

同僚から個人的に誘われたり、プレゼントをされた時
直接相手に「◯◯(パートナー)に悪いからごめんなさい」と伝える場合。
せっかくの好意を受け取れなくて申し訳ないという気持ちでお伝えください。

 

間接的に伝える場合。
日ごろから職場の雑談時にパートナーのことが大好きで大切だ、
と周りにアピールしておくのです。

 

のろけすぎは要注意で小出しに会話にちょこちょこ入れておくのです。
そうすればどうしても迷惑に感じたときに職場の人が、
助け舟を出してくれるかもしれません。

 

このように、あなたが同僚の好意を迷惑だと感じた時には、
相手が傷つかないように対処してあげることが、ポイントです。

スポンサーリンク

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加