職場で好意が迷惑な時の対処方法は会話の内容を受け流して短くする!

スポンサーリンク

ここでは、「職場で好意が迷惑な時の対処方法」についてお話します。

 

職場で好意のサインを送ると時に迷惑になってしまうことがあります。
ハッキリ「迷惑」と言えなくて勘違いされてしまうこともありますし、
そうなると同じ職場なのにとても気まずくなってしまいますよね。

 

そこでその対処方法について、ご説明させていただきます。

 

会話の内容は流す!

 

ここで注意したいのは「へーそうなんだ、すごいですね!」と
相手を持ちあげないようにすることです。
というのも、これは接客業の方々も使う必須テクニックで、
逆に相手を気持ち良くさせてしまうフレーズだからです。

 

文にしてみると逆に興味が無さそうに見えるのですが
、実際に話すとこれがすごく褒めているよう
に聞こえてしまうこともあります。

 

そのため、「へー、そうですか」程度で
会話は流すようにしましょう。

スポンサーリンク

会話は長引かせない!

 

誰だって好きな相手とは長い時間話していたいもの。
しかし、職場内ですからそれで他の方に勘違いされてしまうのは嫌ですよね。
そこで、会話自体長引かせないようにしましょう。

 

「すみません、仕事がまだ残っているので」
「ちょっとメールチェックがしたいので」
「明日の仕事をチェックしてきます」など、

 

あくまで仕事が優先であることをアピールするのがポイントです。
とにかく関わる時間が少なくなるようにしましょう。

 

周りの理解を得ること!

 

特にあからさまに猛アピールされてる場合、
そのまま付き合っていると自分まで仕事を
後回ししているように見えて評価が下がってしまようなケースもあります。

 

かといって完全に冷たくあしらってしまうと
「冷たい人」と思われてしまう可能性もあります。
そこで、上司や先輩など信頼できてかつ立場も上の人に相談するのがお勧めです。

 

「○○さんがしつこく話しかけてきますが、
職場という場所もあり冷たくあしらうことが出来ません。
しかし、このままでは仕事に支障を来してしまいます」など、
あくまで自分はちゃんと仕事がしたいのだと伝えておくのがポイントです。

 

上司だけではなく、うわさ話が好きな女性にあえて
相談してみるのも良い結果になることがあります。

スポンサーリンク

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加