好意があるか見抜く方法とは二人きりで会う機会を与えてくれる!

スポンサーリンク

ここでは、「好意があるか見抜く方法」についてお話します。

 

思いを寄せる相手と電話やメール、そして直接あってやり取りできるようになると、
相手が何を考えているのか気になってきますよね。
相手の態度や言動から好意があるかどうか見抜けたらいいなぁ…、
と思うこともあるでしょう。

 

では、好意があるかどうか見抜くには、
どの点を注意深く見たらいいのでしょうか?

 

二人で会うことができるなら自信をもって!

 

あなたが好きな相手と二人きりで会うとき、
相手はどういう行動をしてくるでしょうか?

 

手をつないだり腕を組んでくれれば、
ストレートに相手のの気持ちが伝わってくるものの
初めからそんなに積極的に行動してくれるとは限りませんよね?

 

まず忘れてはいけないのは、二人きりで会う機会を与えてくれたということは
あなたのことを受け入れている証拠だということです。
その気持ちが恋愛的なものか友情からくるものかはその時点ではわかりませんが、
二人で会うことに問題がないくらいには大きな存在としてくれているんですよ。

 

気になる人によく思ってもらえているか自信がない人も多いと思いますが、
二人きりで会うことに成功したのであれば自信をもってくださいね。

スポンサーリンク

あなたと相手の距離感を認識してみましょう!

 

自信を持つことができれば、気になる相手の観察をする余裕ができてきます。
まず初めに、相手との距離感を確認してみましょう。
手をつないだり腕を組まなくても、
相手があなたを大切に思っている場合無意識に近くにいるはずです。

 

それが隣だとは限りませんよ。恥ずかしくて一歩下がってしまう人もいます。
その場合でも、大切な人相手なら距離をとったりはしません。

 

距離が近いことになれて来たら、顔を近づけてみましょう。
急に顔だけちかづけても驚かれるだけですから、ここは慎重に。
例えば座ったときに内緒話のようにして近づいてみるといいですね。

 

相手が好意を寄せていれば、恥ずかしがったりはしても嫌がることはないはずです。
びっくりして相手が下がってしまったとしても、
恥ずかしい…。
といった態度をとってくれているのであれば嫌がっているのではありません。

 

本当に嫌がっていればその後露骨に距離をとったりするはずですので、
相手の行動をよく観察してくださいね。

 

相手の好意を見抜くためには、
あなたがドキドキに振り回されっぱなしではいけません。
些細なことでも良いので自信を持てるポイントを見つけて、
相手の反応を見極められるようにしてみてくださいね。

スポンサーリンク

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加