好意があるかどうかを男性で見分ける方法は目を合わせなくても良い?

スポンサーリンク

ここでは、「好意があるかどうかを男性で見分ける方法」についてお話します。

 

「この人は自分に好意があるな」「この人は自分に好意がないな」
貴女もこんなふうに感じたことがあるのではないでしょうか?

 

何をもってそう判断しているのでしょうか?
今回は、好意があるかどうかを男性で見分ける方法の
ご紹介をします。

 

好意があるかどうかの私の体験談!

 

「声をかけてくれなくても、おかしくない距離なのに挨拶をしてくれた」
「目を見て話をしてくれない」

 

この2つは私が最近、「この人は私に好意があるな」
「この人は私に好意がないな」なんて思えた出来事です。

 

好意があるかどうかを男性で見分ける方法とは?

 

男性は女性に比べて、目を見て話さない傾向があります。
なぜなら男性は女性ほど、コミュニケーションを重視していません。

 

他にもその人の性格による、要因もあるかもしれません。
「自分に自信がない」という場合があります。
「視線恐怖症」という対人恐怖症もあります。

 

好意がないから目を合わせない人というのは、
「モラル」や「合理性」があまり高くありません。

 

1.あなたの目を見て話をしてくれなかった人は男性ですか?

 

2.その人は自分に自信がないですか?

 

この2つの質問に「はい」と答えたなら、
たとえ彼が貴女の目を見て話をしてくれなかったとしても、
その彼は貴女に好意があるのだと、見分けることが出来ます。

スポンサーリンク

「親和欲求」とは?

 

親和欲求とは独りになることを嫌い、他の人と仲良くしたい思う気持ちのことです。
人と関わりたいという欲求があると、自分から進んで人に話しかけたりします。

 

親和欲求の程度は人によって異なります。
ですから、私にあいさつをしてくれた人が、親和欲求の高い人であれば、
必ずしも私に好意があるとは言い切れません。

 

また親和欲求は、不安なときに高くなります。
これはある心理学の実験で、
科学的に証明されている、れっきとした事実なのです。

 

その実験の内容ですが、実験参加者たちが、
不安になるような状況をわざと作りだしました。
そして、1人でいたいのか、他の人と一緒にいたいのか選んでもらいました。
その結果、ほとんどの実験参加者が、他の人と一緒にいることを選んだのです。

 

1.あなたに声をかけてくれた相手は、親和欲求が高いですか?

 

2・またそのとき、相手は不安そうでしたか?

 

これらの質問の答えが「はい」となったなら、
相手があなたに声をかけれくれたからといって、
好意があるとはいえません。

 

また一般的に、親和欲求は、男性よりも女性の方が高いのです。

 

このことから貴女と一緒に過ごそうとする男性の彼とは、
貴女に好意があるのだと言えます。

スポンサーリンク

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加