好意の返報性で男性の効果の例とはとにかくまずは褒める!

スポンサーリンク

ここでは、「好意の返報性で男性の効果の例」についてお話します。

 

「好意の返報性」とは?

 

貴女は今、手が濡れて困っています。
その時、友人や同僚がサッとハンカチを貸してくれたら?
濡れたハンカチは当然、洗濯して後日返すことでしょう。

 

でもきっと、貴女はただハンカチを返すだけではなくて、
何か小さくお礼を添えるのではないでしょうか?

 

上は1つの例ですが、人は親切にされると、
相手のその気持ちに報いたいと感じる傾向があります。
これを心理学で「返報性の原理」といいます。
この返報性の原理を恋愛に応用したものが「好意の返報性」なのです。

 

つまり、人は好意を寄せてくる相手に対して、
自然と自分も相手に好意を持つようになる、ということです。
優しくしてくれた彼にときめくというのもまた、
「好意の返報性」に当たりますしその逆も然りです。

 

好意はあくまでもさり気なく伝える!

 

もちろん、告白はストレートに相手の男性へ好意を伝える手段です。
しかし、実行するにはかなり勇気が必要ですね。

 

何も告白ばかりが好意の伝え方ではありません。
視線を送ってみたり、相手にちょっとした気遣いをしたり、
お土産を周りとは違うものを渡してみたり。

 

周りの男性よりも気になる彼を少し特別扱いすることで十分好意は伝わります。
そしてそのちょっとした事で、相手からの好意のお返しは十分に期待できます。

スポンサーリンク

好意の返報性で男性の効果の例とは?

 

上に書いた、ちょっとした事を少し例をあげてみましょう。
とにかくまずは褒めるところからです。
男性と親しくなる事が重要ですが、
最初の内は人として好意を持っている事を伝えましょう。

 

彼との関係がまだ近くない場合、
男性として意識している事を全面に出すと、
人によっては引いてしまう事があるからです。

 

気になる彼が人に親切にしているなら、
「◯◯君のそういう優しいところが素敵だね」等、
人として魅力を感じていると伝えましょう。

 

更に褒め上手になりたければ、周りの人が見つけていない、
彼の素敵な部分を具体的に褒めてあげると効果も大きくなります。
親しげに相手の名前を笑顔で呼ぶことも、とても好印象ですね。

 

話をしていない時にもちょっと見つめてみたり、
会話が増えてきたなら相手の会話を覚えるなどして、
気にかけている事をアピールすることも有効です。

 

「前に言ってた映画みたよ!言ってた通りすごく面白かった!」と、
相手に共感するというのも男性が親しみやすさを覚えます。
ボディタッチも、過剰にならない程度に合わせると、更に親しくなることができますよ。

 

このように、貴女自身の好意をさり気なく伝え続ける事で、
気になる彼と物理的な距離だけでなく、心の距離も縮めることができます。
なかなか恥ずかしくてすべてを実践できないとしても、
笑顔で挨拶をするところから一歩ずつ始めて見ましょう。

スポンサーリンク

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加